不用な枝はカット|庭木には定期的な剪定が大切です

庭木の種類

園芸用品

あこがれのマイホームを大阪に建て、庭を手に入れたら、庭に植える木を決めなければいけません。庭に植える木のことを庭木と呼びますが、一口に庭木と言っても多くの種類があります。また庭木は一度植えると枯れない限り、頻繁に植え替えるものではないので選ぶときは慎重に選ぶ必要があります。庭木には大きく分けて高木樹、中木樹、低木樹があります。高木樹は大きく成長する樹木です。5メートルから10メートル以上大きくなり、高さだけでなく幅もとるため、大きな庭でなければ育てることはできません。中木樹は10メートルくらいまでの樹木で、花を咲かせる種類も多く、庭に植えるのに適した種類です。キンモクセイや梅などがこの種類に属します。低木樹は目の高さほどであまり大きくならないため、手入れも簡単に行なうことができます。ツツジやあじさいなどがあり、鮮やかな花をつけるものが多く人気があります。

庭木を購入するときは大阪の植木屋を利用するといいでしょう。大阪の植木屋とは庭木の購入だけでなく長い付き合いになります。なぜなら庭木には剪定も必要になってくるからです。木が大きくなるにつれてだんだん自分で手入れを行なうことも難しくなるでしょう。病気や虫がつくこともあるかもしれません。庭木は数十年一緒にいるため、家族のような存在と言っても過言ではありません。このようなトラブルの時にも馴染みの植木屋はいろいろな相談に乗ってくれます。長い付き合いができる大阪の植木屋を探すことが大切です。